「シン・ゴジラを見て来マシタ♪」監督・庵野秀明

【スポンサードリンク】

ど-も IRSM07ですemoji

 

近はレビューがなかなか進められません^^;



・・・・が、こんなものにハマりマシタ^^



コチラ↓↓↓

「シン・ゴジラ 監督・庵野秀明」
 

(あらすじ)
東京湾アクアトンネルで崩落事故が発生。
首相官邸では緊急会議が開かれる。
参加者の多くが地震や海底火山が原因だとする中、
内閣官房副長官の矢口は巨大生物の可能性を示唆する。
やがて海から巨大な生物が出現し……


--------------------------------------------------------------------------------------------------
『エヴァンゲリオン』シリーズの庵野秀明が脚本・総監督を、
実写版『進撃の巨人』の樋口真嗣が監督・特技監督を務める
特撮映画『ゴジラ』の最新作が登場。

政府関係者役で長谷川博己、竹野内豊、
米国エージェント役で石原さとみが出演する。
ゴジラの体長は最大とされたハリウッド版ゴジラの
108メートルをはるかに上回る過去最大になる見込みだ。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
 





いやあ、2回も見ちゃいマシタ(^▽^)

【スポンサードリンク】


   
(評判がいいというの受けて・・・・)


1回目は、
仕事帰りにレイトショーで・・・emoji


府内のリアルな会議のやりとりにニヤリとしながら、

実生活圏に近接した地域に現れるゴジラ映像に、恐怖を感じながらも感動・・・




・・・が、2時間という長丁場の中、仕事疲れもあって

途中見事に落ちマシタ^^;(なんとなく良いものを見たという感想に・・・emoji





 ・・・てことで、
リベンジ鑑賞を敢行!?^▽^;




(2回目)↓↓↓
実生活圏に超近接
した地域に現れるゴジラ映像にやはり感動
(自身が利用する駅前てやばくないすか・・・w)

・1回目では追い切れなかった政府相関関係を把握

・本作ゴジラの科学生物的設定の把握

・1回目視聴後知った、ネットで話題のラストの意味


このへん↑を踏まえて見て、大満足^^(勿論寝落ちなしw)






説明下手だし、ネタバレしちゃうかもなんで、簡単に表すると・・・・、


巨大外敵が来た際の、実際政府内部のリアルなドタバタと・・・
 
豪華キャストの惜しみない配置&活躍も良かったです^^


現代の馴染みのある街並みに、
リアルに現れるゴジラの恐怖を感じる映画ですね・・・・・


「人類VS外敵」



(根底には、)
北大震災や各地の被災地などの惨状を比喩的
映像に盛り込んだものには、考えさせられるトコロも沢山あります・・・・
 

また考えるものといえば、ゴジラの存在・・・
核で動く生物として設定され、地球上で最も進化した生物は、
現在の原発問題にも通ずる問題を提起しています・・・・コチラも深いです。


あと見た人と一緒に考えたくなるのがラストですね・・・・
(画像お借りしておりマス)
本作のゴジラとは一体なんなのか・・・・
(絶賛割愛しますw)




 
なんせ、庵野監督なんで随所にエヴァぽさも・・・^^




ここにアクセス下さる皆様なら
きっと楽しめる内容かと思いますので、

未見の方は是非~^▽^)/


-------------------------------------------------------------------------------------------------
< 関連記事はコチラ>
 他の映画記事はコチラ
-------------------------------------------------------------------------------------------------  


では~emoji
------------------------------------------------------------------------
 アメブロお持ちの方はこちらに(も)、足跡残して
下さったらありがたいデス^^

(コチラです↓)
    「アメブロえんとらんす」
------------------------------------------------------------------------
【スポンサードリンク】